消防法の改正

非常用発電設備の点検方法が改正されました

<改正前>1年に1回、模擬負荷試験が必要



平成30年6月1日より
非常用発電機の負荷試験もしくは内部観察が6年に1回の実施に変更
しかし予防保全などの整備を実施する事が必要となりますのでご注意ください。
詳しくは下記をご確認の上、ご不明点やご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。



改正の大きな4つのポイント

【1】負荷運転に変えて行うことができる点検方法として、内部観察等を追加
以前 負荷試験のみ
改正 負荷試験または内部観察
【2】負荷運転及び内部観察等の点検周期を6年に1回に延長
以前 1年に1回
改正 運転性能の維持に係る予防的な保全策が講じられている場合は6年に1回
【3】原動機にガスタービンを用いる自家発電設備の負荷運転は不要
以前 すべての自家発電設備に負荷運転が必要
改正 原動機にガスタービンを用いる自家発電設備の負荷運転は不要
【4】換気性能点検は負荷運転時ではなく、無負荷試験時等に実施するように変更
以前 負荷運転時に実施
改正 無負荷運転時に実施

模擬負荷試験

点検資格者が負荷投入前に、消耗品類等をしっかり確認して安全に負荷試験を行います。
負荷投入時には計器類の確認をし、異常が無い事を確認して点検を進めていきます。
異常が見つかった際には、ご担当者様とご相談の上続行するかどうかの確認を致します。
また、不具合箇所の特定を行ない調整でなおるのか?交換部品が必要なのかを、お伝え致します。
弊社独自の機能点検で災害時に100%稼働する様に、点検メンテナンスを致します。

予防的保全

予防的な保全策の提案も致します!
以前の法令では負荷試験は1年に1回実施となっておりましたが、予防的保全策を講じている場合は負荷試験を6年に1度に延長する事ができます。(周期は下記参照)
メーカーの推奨交換年数・法令を遵守し予防的な保全策を行っていきますので、お問い合わせフォームからお気軽ご相談ください。

1年毎に確認が必要なもの

確認内容
予熱栓 予熱栓の発熱部に断線、変形、絶縁不良等がないことを確認する。
点火栓 電極の異常な消耗がないこと、プラグギャップ値が製造者の指定値範囲であること、異常な燃焼残さ物の付着がないことを確認する。
潤滑油
プライミングポンプ
プライミングポンプが正常に作動していることを確認する。
冷却水ヒータ 冷却水ヒータケース外周又は近傍の配管等に触れ、その他の部位より温度が高いこと、テスタにて冷却水ヒータの断線等の有無を確認する。
 ※ これらの装置が設けられていない自家発電設備もあります。その場合確認は不要です。

交換すべき部品

メーカーが交換を推奨している部品の一覧になります。
交換周期は各メーカー様によって変更がある場合もございますのでお気軽にお問い合わせください。
交換すべき部品
燃料フィルター 潤滑油フィルター ファン駆動用Vベルト 冷却水用等の
ゴムホース
パーツごとに用いられるシール材 始動用蓄電池 潤滑油 冷却水

内部観察

平成30年の法令改正により追加された点検方法が内部観察と言われるものです。
シリンダー摺動面などを確認する為、技術力が必要で、知識の無い業者では内部観察を実施する事ができません。
しかし、弊社であれば自社でオーバーホールを自社スタッフで実施できる技術力、研修センターにて実際の発電機を使用した講習など行っているので安心してお任せください。

点検方法

1.過給器コンプレッサ翼及びタービン翼並びに排気管等の内部観察

2.燃料噴射弁等の確認

3.シリンダ摺動面の内部観察

4.潤滑油の成分分析

5.冷却水の成分分析
点検方法