非常用発電機の負荷試験とは

非常用発電機は消防用設備等と同等に消防法第17条の3の3の規定により定期的な点検および消防機関へ報告が義務付けられており、1年に1度の総合点検時に負荷試験を実施することが必要です。

普段の電気事業法の月次点検と消防法の総合点検は無負荷(空ふかし)によるエンジン試運転をしておりますが無負荷運転のみ繰り返すとエンジンや排気筒にカーボンが蓄積し、始動不良や運転中停止の原因になります。1年に1回、負荷試験機を接続し30%以上の負荷試験を行い、性能確認をしてください。

平成30年6月1日 負荷運転義務の改正内容

非常用発電機の負荷試験は消防予第214号第24-3 総合点検により義務付けられております。

今まではディーゼル発電機、ガスタービン発電機ともに負荷試験が義務付けられておりましたが
平成30年6月1日の改正によりガスタービン発電機については任意となりました。

発電機の種別 負荷運転義務
改正前 改正後
ディーゼル
発電機

※一定の条件を満たした場合は
6年周期で可
※負荷運転の代替点検方法として
内部観察を選択可
ガスタービン
発電機

負荷試験または内部観察の実施期間

負荷試験の実施周期は1年に1回でしたが、消防庁が負荷試験の代替点検方法として内部監察を追加しました。これにより毎年、負荷試験または内部監察どちらかを選択、または予防的な保全策を講じられている場合は負荷試験または内部監察を6年に延長出来るようになりました。

負荷試験、内部監察、予防的な保全策についての詳しいご説明は下記、URL先をご覧ください。
点検周期
発電機の容量により模擬負荷試験機の台数や機器の種類が変わりますが弊社では全ての発電機の容量に対応しております。

実際の点検方法をご紹介します。

疑似負荷試験機による点検方法


(1)負荷試験機搬入
負荷試験機搬入 試験機、工具、ケーブルを搬入します。
※画像の試験機は低圧の場合です

(3)負荷試験前点検
負荷試験前点検 負荷試験を実施する前に計器表示灯の確認します。

(5)発電機側ケーブル接続
発電機側ケーブル接続 発電機側にケーブルを接続します。

(7)負荷投入
負荷投入 10%、20%、30%と徐々に負荷をかけます。
(2)ケーブル敷設
ケーブル敷設 ケーブルを敷設します。


(4)オイルチェック
オイルチェック オイルの汚れと量を確認します。


(6)負荷試験機ケーブル接続
負荷試験機ケーブル接続 負荷試験機側にケーブルを接続します。

(8)負荷測定
負荷測定 30%負荷測定データをとります。
〈負荷試験機による負荷運転点検〉
(高負荷運転により、黒煙が続いた為一時中止した例)

低圧の負荷試験


STEP 1  黒煙状態を見ながら、負荷を5%~20%迄少しずつかけていく
STEP 2  負荷を30~100%かけ、30分間運転状態を見る
STEP 3  10%、20%、30%出力毎に電圧・電流の測定を行う


負荷試験機による負荷点検は、無停電で出来る点検です。
また約1時間半程度の時間で点検と測定データが作成出来ます。
(低圧300kw以下の場合)

高圧の負荷試験

高圧負荷試験 試験を行う手順については、高圧・低圧それぞれ大きな違いはなく、基本的には点検用ユニットにつないで負荷試験を行います。

ただ、低圧の点検とは違いトラックに試験機を積んで点検するので止めるスペースの確保が必要です。また、ケーブルの養生などが必要ですので現場調査をきちんと行い、安全確認を致します。

負荷試験点検までの流れ


STEP 1  お問い合わせ
お電話・お見積フォームよりご連絡ください。
03-5960-1413


STEP 2  御見積作成
最短、翌日にお送り致します。※急ぎの場合はお電話ください。


STEP 3  現場調査
現場調査は無料で行います。
高圧案件に関しましてはお見積りの前に現調調査させて頂く事もあります。


STEP 4  負荷試験点検日程
お見積内容にご同意いただき確定後に負荷試験の日程を決めます。
※基本的に平日・土曜日で承りますが、ご要望があれば日曜日・祝日でも可能です。


STEP 5  負荷試験点検実施
発電機の規模、設置場所により最短60分~半日で完了いたします。


STEP 6  試験結果報告
点検結果を「模擬負荷試験機による負荷運転点検結果報告書」に記入し提出いたします。
万が一、発電機に不良があった際も修理・メンテンナスを提案・実施させていただきます。