代表取締役社長

日本負荷試験テクノ㈱菅嶋大輔


安心を、人と社会を、次の世代に。
私たちが幼かった頃、空想の中にあった未来都市が日常になった今、都市では次々と新しい施設や、高層ビルが生まれています。しかしながら日々の心がけや、ちょっとした油断が引き起こす様々な災いが潜んでいることも事実です。

私たちの使命は第一に、事故やそれが引き金になって広がる災害を未然に防ぐこと、そして万一のトラブルに迅速かつ、万全に対応する事です。


現在我が国では防災対策の一環として、非常時の人命とライフラインを守る為に、約140万基以上の非常用発電機が設置されております。しかし先の東日本大震災時には点検不備による不具合が発生し、多くの発電機が十分に稼働出来なかった事例が報告されております。
地震災害が報道されている昨今、震災を人災にしない為に一日でも早く法令で定められた点検を実施して頂けるように、これからも活動を行って参る所存でございます。


日本負荷試験テクノ株式会社
代表取締役社長 菅嶋 大輔

専務取締役

日本負荷試験テクノ㈱宮本和英

人命のライフラインを守り安全の種を植える
全社員一丸となり環境づくりに本気になり、それぞれの(営業・点検)現場窓口が個々のパフォーマンスを最大限に引きだしながら全ての社員に自ら考え行動できる力を身につけさせる。

そんな人間集団を目指しています。そんな集団から生まれるアイディアで、いづれ世界のライフラインを守れるような企業に発展させ開花させるのが私の夢です。


日本負荷試験テクノ株式会社
専務取締役 宮本 和英