発電機の内部観察

消防庁が平成30年6月に新たに負荷試験に代わる手段として規定した点検方法になります。
部品を取り外し発電機のエンジン内部などを内視鏡等を用いて点検を行います。

①シリンダ摺動面の内部観察


シリンダ摺動面の内部観察
・シリンダヘッドを取り外して、シリンダ摺動面等の内部を確認する。
・燃料噴射弁を取り外して、取付穴から内視鏡を挿入し内部を確認する。

⇒シリンダライナ摺動面に運転に支障をきたす損傷や摩擦がないことを確認する。

②過給器コンプレッサ及びタービン翼の内部観察
(過給器コンプレッサ等を有するものに限る)


過給器コンプレッサ及びタービン翼の内部観察
・過給機のサイレンサー及び過給機ダクトを取り外し、コンプレッサ及びタービン翼の内部を確認する。
⇒コンプレッサ翼及びタービン翼に運転に支障をきたす塵埃や燃料残さ物のたい積のないことを確認し、損傷や欠損についても確認する。

③排気管の内部観察


排気管の内部観察
・過給機を取り外した部分から排気管内部を観察する。
(過給機がない場合は、排気管出口の可とう管継手を外して内部を観察する)
⇒排気管内部等が未燃燃料や燃料残さ物で運転に影響を及ぼす水準となっていないことを
確認する。
※異常があるときは清掃する。

④潤滑油の成分分析                 ⑤冷却水の成分分析


潤滑油の成分分析と冷却水の成分分析
・オイルパン等から潤滑油を抜き取り、成分に異常がないことを確認する。
⇒「動粘度」、「酸価」、「塩基価」、「不溶解分」、「残留炭素分」、「金属成分」
「引火点」、「水分」等が製造者の指定値範囲内であることを確認する。

・ドレインコック等から冷却水を抜き取り、成分に異常がないことを確認する。
⇒「PH」、「全硬度」、「電気伝導率」、「蒸発残留物」等が製造者の指定値範囲内で
あることを確認する。
※成分分析の結果、指定値範囲外の項目があれば原因を調査し、必要な措置をとる。

⑥燃料噴射弁等の確認


燃料噴射弁等の確認
・燃料噴射弁を取り外し、作動させて、噴射状態と噴射圧力を確認する。
⇒燃料噴射弁の試験器を使用して、燃料噴射弁の開く圧力が製造者の指定値範囲であることを確認する。
⇒噴射口に詰まりがないことと、燃料の墳霧状態が霧状に均一に噴射させていることを
確認する。
⇒燃料噴射弁先端から燃料の液だれがないことを確認する。
※異常がある場合は、燃料噴射弁が開くときの圧力の調整や、清掃等を行う。