負荷試験の流れ


疑似負荷試験機による点検方法


〈負荷試験機による負荷運転点検〉
(高負荷運転により、黒煙が続いた為一時中止した例)


低圧の負荷試験

STEP 1  黒煙状態を見ながら、負荷を5%~20%迄少しずつかけていく
STEP 2  負荷を30~100%かけ、30分間運転状態を見る
STEP 3  10%、20%、30%出力毎に電圧・電流の測定を行う
【出力確認の負荷試験】

①黒煙状態を見ながら、負荷を5% ~ 20%迄少しずつかけていく。
②負荷を30%迄上げて、30分間運転状態を見る。
③10%、20%、30%出力毎に電圧・電流の測定を行う。


負荷試験機による負荷点検は、無停電で出来る点検です。
また約1時間半程度の時間で点検と測定データが作成出来ます。
(低圧300kw以下の場合)


高圧の負荷試験

試験を行う手順については、高圧、低圧それぞれ大きな違いはなく、基本的には点検用ユニットにつないで負荷試験を行います。

ただ、低圧の点検とは違いトラックに試験機を積んで点検するので止めるスペースの確保が必要です。現場調査をきちんと行い、安全確認を致します。

従来との違い



従来の負荷試験機によるオペレーションですとトラック型の為、大掛かりな点検スペースが必要でした。また作業時間も長く作業員も最低でも5名は必要でしたので負荷試験料金も高額で
施設側も停電が必要でした。
低圧の負荷試験オペレーションは非常用発電機の設置場所のすぐ近くに点検機を置き測定する事が可能になりました。費用も従来に比べて作業員が最低でも2名で点検が可能になった為、低価格になり
無停電で点検する事が可能です。


負荷試験点検までの流れ




STEP 1  お問い合わせ
お電話・お見積フォームよりご連絡ください。
03-5960-1413


STEP 2  御見積作成
最短、翌日にお送り致します。※急ぎの場合はお電話ください。


STEP 3  現場調査
現場調査は無料で行います。
高圧案件に関しましてはお見積りの前に現調調査させて頂く事もあります。


STEP 4  負荷試験点検日程
お見積内容にご同意いただき確定後に負荷試験の日程を決めます。
※基本的に平日・土曜日で承りますが、ご要望があれば日曜日・祝日でも可能です。


STEP 5  負荷試験点検実施
発電機の規模、設置場所により最短60分~半日で完了いたします。


STEP 6  試験結果報告
点検結果を「模擬負荷試験機による負荷運転点検結果報告書」に記入し提出いたします。
万が一、発電機に不良があった際も修理・メンテンナスを提案・実施させていただきます。

負荷試験の流れ

負荷試験について

総務省消防庁消防予第214号-第24-3総合点検に基づく
非常用発電設備の定期総合点検の義務
<なぜ30%の出力確認点検が必要なのか>

1.消防法では、なぜ30%出力負荷確認の点検義務が有るのか

消防法で定められている出力確認点検は、電気事業法の月次点検とは異なり、消火活動に必要なスプリンクラーや消火栓ポンプを動かす為の最低30%以上の出力確認点検が義務付けられております。
発電出力が30%以上なければ消火活動が出来ません。
二次災害は施設所有者及び管理者の責任です
(消防法・両罰規定第45条第39条第41条)

2.負荷試験の重要性について

月次点検等で行なっている無負荷(空ふかし)運転点検だけを行っていると、エンジン内にカーボンが堆積されます。
その為、1年に1回は、30%以上の負荷運転を行い、堆積されたカーボンを燃焼排出させておかなければ、非常時に発電機が正常に動かず、消火活動が出来なくなる怖れがあります。
【出力確認の負荷試験】

①黒煙状態を見ながら、負荷を5% ~ 20%迄少しずつかけていく。
②負荷を30%迄上げて、30分間運転状態を見る。
③10%、20%、30%出力毎に、電圧、電流の測定を行う。
30%出力確認の点検は、消防法で義務付けられております。
負荷運転〈消防予第214号-第24-3総合点検ホームページより抜粋〉(38項目)
運転状況 疑似負荷試験装置、実負荷等により、定格回転速度及び定格出力の30%以上の負荷で必要な時間連続運転を行い確認する。 ア 運転中に漏油、異臭、不規則音、異常な振動、発熱等がなく、運転が正常であること。

運転中の煙突から吐き出される排気色が極端な黒色、白色でないことを確認すること。
 運転中に原動機排気出口より、消音器を経て建物等の外部に至るまでの排気系統に排気ガスの漏れのないことを確認すること。

3.点検不備による自家発電機のトラブル実例

2011年東日本大震災時に、非常用自家発電機が整備不良等の理由で、正常に稼働できないものがありました。
点検・整備不良の事例
先の東日本大震災では、燃料切れや津波等を除いて、非常用自家発電設備の機能を十分に発揮できなかった不具合の多くが、点検・整備不足に起因するものでした。
東日本大震災での不具合における点検・整備不良の割合
東日本大震災では、燃料切れや津波の被害等を除いて非常用自家発電設備の機能を十分に発揮できなかった不具合の多くが点検・整備不良によるものでした。


次にのグラフは、震度6強地域における非常用自家発電装置で発生した不始動、異常停止のうち原因が「点検・整備不良」による割合を示したものです。

4.電気事業法と消防法の非常用発電機点検について

〈電気事業法の点検〉
点検内容 点検内容
月次電気点検と
起動運転(無負荷
・電気系統の正常作動確認
・受変電設備
・発電機等の起動運転(約5分)
 (出力確認の消防法の点検ではありません・無負荷運転)
電機設備点検業者
〈消防法の点検〉
点検内容 点検内容
2 6ヶ月に1回の
機器点検
・消火器 ・火災報知器
・避難器具・ガス漏れ警報器
・誘導灯等の防災設備等の主に目視点検
電機設備点検業者
3 年1回の
総合点検
・消火器 ・火災報知器
・避難器具・ガス漏れ警報器
・誘導灯等の防災設備等の機能点検
消防点検業者
4 年1回の負荷機能点検
①機能運転点検
②30%出力確認点検
③出力データ作成
①機能点検
バッテリー・ファンベルト・オイル・フライミング操作
及び黒煙等の点検 (約15分)
②負荷試験機を接続して30%以上の出力確認点検 (30分)
③出力データ作成(別表参照
出力負荷点検業者
消防点検の(自家発電機)総合点検報告書(3枚目) 30%負荷点検による測定データ票

負荷試験の流れ

消防に基づく30%以上の負荷試験、機能点検(別紙参照)、作業員2名、ケーブル15メートル以内、ケーブル布設養生、運搬交通費、出力データー票作成が含まれています。280kVAを超える場合は、別途見積りになります。自家発の設置場所状況により、料金は異なる場合があります。
・接続テーブル布設養生
・発電機始動運転
・負荷試験オペレーション
・消防署提出用の出力データ票作成

防災用設備(非常用発電機etc)と法令点検

スプリンクラーや屋内消火栓を点検していても、
いざと云った非常時の機能点検にはなりません。
当社の負荷試験オペレーション

非常用発電機 定期機能点検の現状

1. 無負荷(空ふかし)運転点検をしていれば、非常時に負荷がかかっても十分に
電源供給が出来ると思っている。

2. 従来の実負荷試験は、実際にスプリンクラーや消火栓ポンプを起動させて行うので、
約2.5倍の負荷が一気にかかり、エンジントラブルの危険が有る為行わなかった。

3. 模擬負荷試験機による実負荷試験は、少しずつ負荷率を調整しながら、
安全に行える事は分かっていただ、費用が高いと思い行なっていなかった。

添付点検票 例(消防署提出)

発電機出力容量 92kVA(74kW) 結果
記録時間 負荷 負荷率 電圧 電流
時分~(分間) kW V R相(A) S相(A) T相(A)
13:00~ (10) 0 0% 200 0.0 0.0 0.0
13:10~ (10) 3.7 5% 200 10.5 10.5 10.5
13:20~ (10) 7.4 10% 200 21.0 21.0 21.0
13:30~ (10) 14.8 20% 200 42.0 42.0 42.0
13:40~ (10) 22.2 30% 200 63.0 63.0 63.0
1. 無負荷(空ふかし)運転点検をしていれば、非常時に負荷がかかっても十分に
電源供給が出来ると思っている。

2. 従来の実負荷試験は、実際にスプリンクラーや消火栓ポンプを起動させて行うので、
約2.5倍の負荷が一気にかかり、エンジントラブルの危険が有る為行わなかった。

3. 模擬負荷試験機による実負荷試験は、少しずつ負荷率を調整しながら、
安全に行える事は分かっていただ、費用が高いと思い行なっていなかった。
スプリンクラーや屋内消火栓を点検していても、
いざと云った非常時の機能点検にはなりません。

当社の負荷試験オペレーション

当社の負荷試験オペレーション
特徴
負荷試験機を軽量コンパクト・セパレート型にし、1人の作業員で発電機の近くまで搬入出来る為、ケーブルの布設時間も短縮出来、大幅に費用削減が出来る。
要求する 電力に対応できる!
100% の能力を発揮できる!
ヒートラン でクリーンナップ!
法令点検では実施されない、発電機の発電能力を検証する負荷試験。エンジンが始動できても、その性能を発揮できなければ何の意味もありません。発電機の性能を確認する唯一の方法である負荷試験を実施することで、いつでも確実に始動・100%性能を発揮する発電機へ、これが私たちの使命です。
災害時の危機管理のため、非常用発電機の定期点検と負荷試験の実施をお勧めします。

JLT組織構成図

※準備中

発電機の正常性確認


建物や施設に設置されている非常用発電機は、災害時にはスプリンクラーや消防ポンプ等の電源となる大変重要な設備であるため、正常に稼働するかどうかを定期的に確認する必要があります。
実際に東日本大震災の時には、多くの非常用発電機が稼動しなかった事から、平成24年6月27日に消防法の罰則規定が強化されました

未実施は法律違反


非常用発電機の負荷試験は年1回30%以上の出力で30分の連続運転を実施する事が消防法で定められており、これを怠ると施設のオーナーや管理担当者が罰せられる可能性があります。

無負荷試験ではダメ


発電機を稼働させてだけの無負荷運転では法令を満たすことができません。
非常用発電機の多くはディーゼルエンジンンで、こういったエンジンは無負荷や低負荷での運転だけでは不完全燃焼によりカーボンが発生・堆積し、いざという時に始動しなかったり、異常停止してしまう場合があります。負荷試験では、専用の装置を使ってエンジンに30%以上の負荷を掛け、堆積したカーボンを除去する事で、非常時においても本来の性能を発揮させる事ができます。
非常用発電機の点検義務は下記の①②③が必要です

いざという時の人命とライフラインを守るコンプライアンス

いざという時の人命とライフラインを守るコンプライアンス

いざという時の人命とライフラインを守るコンプライアンス

①電気事業法の点検

月次点検と起動運転(無負荷)

点検業者 電気設備点検業者
点検内容 変電設備・電気系統の正常作動確認
発電機等の起動運転(約5分)無負荷運転
※出力確認の消防法の点検ではありません。
消防法の点検

6ヶ月に1回の機器点検

点検業者 消防点検業者
点検内容 消火器・火災報知器・避難器具・ガス漏れ警報器・誘導灯等の防災設備等の目視点検

年1回の総合点検

点検業者 消防点検業者
点検内容 消火器・火災報知器・避難器具・ガス漏れ警報器・誘導灯等の防災設備等の機能点検
負荷試験の点検

年1回の負荷試験点検

点検業者 出力負荷点検業者
(社)日本発電機負荷試験協会の会員業者
(社)全国BCP協議会等
点検内容 機能点検・負荷試験機30%以上の出力確認点検(30分)
出力データ作成
いざという時の人命とライフラインを守るコンプライアンスに基づく定期点検

万が一負荷試験実施を怠ると・・・


負荷試験の未実施により、次の処罰や処置がとられる場合があります。
罰金及び刑事責任

最大1億円の罰金と拘留刑が適応されます。
対象は所有者・管理者のみならず、担当者個人も責任を負うこととなります。
二次災害に対する責任

災害時に点検不備による発電機不始動(または出力不足)を起こし、スプリンクラーやポンプが作動せずに二次災害を起こした場合、その責任を負うことになります。

法令による罰則

電気事業法
※経済産業省
技術基準に適合していないと認められる発電設備の設置者(電気事業法第40条) 技術基準への適合命令、又は使用制限
建築基準法
※国土交通省
検査報告をしない者又は虚偽の報告をした者(建築基準法第101条) 100万円以下の罰金
消防法
※総務省
点検報告をしない者又は虚偽の報告をした者(消防法第44条11号) 30万円以下の罰金、又は拘留
消防法
※総務省
上記従業者等の法人(消防法第45条3号) 最高で1億円の罰金及び刑事責任
施設管理者は最高で3000万円
提携業者様募集

パートナー企業例

学科研修 ・車の整備関係の方 学科研修 ・電気事業関係の方
学科研修 ・個人の方でこれから免許を取得し事業に携わりたい方 学科研修 ・過去に関連する事業に携わっていた65歳以上の方
実務研修
実務研修
実務研修
実務研修

仕事の魅力

非常用発電機の負荷試験機の施工パートナー/営業パートナー募集!
※非常用発電機の負荷試験は、消防法により定められた義務です。(消防予第214号-第24-3 総合点検)

○負荷試験点検とは?

非常用発電機を動かし、負荷をかけて、規定どおりの能力を発揮できるかの試験を行う点検業務です。
毎年1回の定期点検で負荷試験を行うことが規定されていますが、負荷試験を行う事業者が圧倒的に少ないため
発電機のエンジンが動くかどうかの確認だけで済ますケースが多いようです。
東日本大震災のとき、多くの非常用発電機が動かなかった事例もあり、発電機の負荷試験点検の重要性が再認識され
消防法令違反の建物への罰則が強化されました。

従来の負荷試験では、大掛かりな設備やコストの負担がネックとなっていましたが、小型の負荷試験機の開発で、点検費用の負担を大幅に軽減することに成功しました。

非常用発電機の負荷試験は、消防法で定められた義務であるため、最新の負荷試験機の開発に伴い、今後全国で需要が拡大してまいります。

○高い利益率と年1回行う安定したメンテナンスビジネス

弊社の負荷試験には大がかりな設備や、その他のコストもかかりませんので高い粗利率が望めます。
しかも、1件の点検時間は2時間なので、1日に複数件行うことができます。
又、商用自動車の車検と同じで、毎年行う定期点検ですので年々売上が倍増してゆきます。

市場性

全国に広がる市場

○全国に非常用発電機は、125万台設置されています。
2011年の東日本大震災の際、多くの非常用設備が正常に作動せず消防法で定められた、負荷試験の重要性が再認識されています。
しかし、負荷試験点検をできる業者が少なく、点検を受けることができない対象施設が多く、全国に市場が大きく開かれています。
負荷試験を行う業者が圧倒的に少ないため、競合もありません!
また、定期点検が義務付けられておりますので、1回点検をしたら終わりではなく、毎年行うので安定した収益を確保できます。

ビジネスの特徴

○少人数(2名)で簡単に出来る負荷試験点検

負荷試験機を軽量コンパクト・セパレート型にし、2名の作業員で1件当り約2時間で出来る画期的な業務です。
そのため、全国各地で需要が増大中です。

○未経験の方でも大歓迎!

施工パートナーに必要な知識や技術は、2日間以上の研修で本部が丁寧にお伝えしますので、非常用設備、負荷試験についての知識がない方でも、安心してお取り組みいただけます。

○大歓迎の業種

下記業種に携わった事がある方は大歓迎です!

(1) 自動車関係

(2) 電気関係

(3) 消防関係

(4) ビルメンテ、ビル管理関係

(5) 建築関係

もちろん、上記業種以外の方からのお問い合わせもお待ちしております!

本部を代行して、代理営業をやっていただける方も随時募集しております!

本部のサポート体制

弊社では、施工パートナー様にスムーズに業務にお取り組みいただけるよう、2日間以上の実務研修を行っております。

○発電機及び負荷試験機操作研修
・工場内研修場にて、発電機と負荷試験機の稼働操作を行います。

○発電機学科研修
・JLA(一般社団法人 日本発電機負荷試験協会)本部会場において、感電等発電機取り扱いの基本知識を学んでいただきます。

わかるまで、何度でも丁寧にご説明いたしますので、未経験の方でも安心してお取り組みいただけます!
学科研修
学科研修
実務研修
実務研修
実務研修
実務研修

加盟要件

募集地域 全国
契約タイプ 代理店及び委託業務
契約期間 2年
研修費 5万円(税込)
●事業参加の前に研修を受ける事も出来ます。
  先づは研修にご参加を!

収益モデル

1日当たりの手数料52,000円前後
月間点検件数 1ヶ月当たりの手数料 年間当たりの手数料
20件 1,040,000円 12,480,000円
30件 1,560,000円 18,720,000円
40件 2,080,000円 24,960,000円
以下のフォームに必要事項をご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。
個人情報の取扱いについては、プライバシーポリシーをご覧下さい

負荷試験について

総務省消防庁消防予第214号-第24-3総合点検に基づく
非常用発電設備の定期総合点検の義務
<なぜ30%の出力確認点検が必要なのか>

1.消防法では、なぜ30%出力負荷確認の点検義務が有るのか

消防法で定められている出力確認点検は、電気事業法の月次点検とは異なり、消火活動に必要なスプリンクラーや消火栓ポンプを動かす為の最低30%以上の出力確認点検が義務付けられております。
発電出力が30%以上なければ消火活動が出来ません。
二次災害は施設所有者及び管理者の責任です
(消防法・両罰規定第45条第39条第41条)

2.負荷試験の重要性について

月次点検等で行なっている無負荷(空ふかし)運転点検だけを行っていると、エンジン内にカーボンが堆積されます。
その為、1年に1回は、30%以上の負荷運転を行い、堆積されたカーボンを燃焼排出させておかなければ、非常時に発電機が正常に動かず、消火活動が出来なくなる怖れがあります。
【出力確認の負荷試験】

①黒煙状態を見ながら、負荷を5% ~ 20%迄少しずつかけていく。
②負荷を30%迄上げて、30分間運転状態を見る。
③10%、20%、30%出力毎に、電圧、電流の測定を行う。
30%出力確認の点検は、消防法で義務付けられております。
負荷運転〈消防予第214号-第24-3総合点検ホームページより抜粋〉(38項目)
運転状況 疑似負荷試験装置、実負荷等により、定格回転速度及び定格出力の30%以上の負荷で必要な時間連続運転を行い確認する。 ア 運転中に漏油、異臭、不規則音、異常な振動、発熱等がなく、運転が正常であること。

運転中の煙突から吐き出される排気色が極端な黒色、白色でないことを確認すること。
 運転中に原動機排気出口より、消音器を経て建物等の外部に至るまでの排気系統に排気ガスの漏れのないことを確認すること。

3.点検不備による自家発電機のトラブル実例

2011年東日本大震災時に、非常用自家発電機が整備不良等の理由で、正常に稼働できないものがありました。
点検・整備不良の事例
先の東日本大震災では、燃料切れや津波等を除いて、非常用自家発電設備の機能を十分に発揮できなかった不具合の多くが、点検・整備不足に起因するものでした。
東日本大震災での不具合における点検・整備不良の割合
東日本大震災では、燃料切れや津波の被害等を除いて非常用自家発電設備の機能を十分に発揮できなかった不具合の多くが点検・整備不良によるものでした。


次にのグラフは、震度6強地域における非常用自家発電装置で発生した不始動、異常停止のうち原因が「点検・整備不良」による割合を示したものです。

4.電気事業法と消防法の非常用発電機点検について

〈電気事業法の点検〉
点検内容 点検内容
1 月次電気点検と
起動運転(無負荷
・電気系統の正常作動確認
・受変電設備
・発電機等の起動運転(約5分)
 (出力確認の消防法の点検ではありません・無負荷運転)
電機設備点検業者
〈消防法の点検〉
点検内容 点検内容
2 6ヶ月に1回の
機器点検
・消火器 ・火災報知器
・避難器具・ガス漏れ警報器
・誘導灯等の防災設備等の主に目視点検
電機設備点検業者
3 年1回の
総合点検
・消火器 ・火災報知器
・避難器具・ガス漏れ警報器
・誘導灯等の防災設備等の機能点検
消防点検業者
4 年1回の負荷機能点検
①機能運転点検
②30%出力確認点検
③出力データ作成
①機能点検
バッテリー・ファンベルト・オイル・フライミング操作
及び黒煙等の点検 (約15分)
②負荷試験機を接続して30%以上の出力確認点検 (30分)
③出力データ作成(別表参照
出力負荷点検業者
消防点検の(自家発電機)総合点検報告書(3枚目) 30%負荷点検による測定データ票

防災用設備(非常用発電機etc)と法令点検

スプリンクラーや屋内消火栓を点検していても、
いざと云った非常時の機能点検にはなりません。
当社の負荷試験オペレーション

非常用発電機 定期機能点検の現状

1. 無負荷(空ふかし)運転点検をしていれば、非常時に負荷がかかっても十分に
電源供給が出来ると思っている。

2. 従来の実負荷試験は、実際にスプリンクラーや消火栓ポンプを起動させて行うので、
約2.5倍の負荷が一気にかかり、エンジントラブルの危険が有る為行わなかった。

3. 模擬負荷試験機による実負荷試験は、少しずつ負荷率を調整しながら、
安全に行える事は分かっていただ、費用が高いと思い行なっていなかった。

添付点検票 例(消防署提出)

発電機出力容量 92kVA(74kW) 結果
記録時間 負荷 負荷率 電圧 電流
時分~(分間) kW V R相(A) S相(A) T相(A)
13:00~ (10) 0 0% 200 0.0 0.0 0.0
13:10~ (10) 3.7 5% 200 10.5 10.5 10.5
13:20~ (10) 7.4 10% 200 21.0 21.0 21.0
13:30~ (10) 14.8 20% 200 42.0 42.0 42.0
13:40~ (10) 22.2 30% 200 63.0 63.0 63.0
発電機出力容量 92kVA(74kW) 結果
記録時間 負荷 負荷率 電圧 電流
時分~(分間) kW V R相(A) S相(A) T相(A)
13:00~ (10) 0 0% 200 0.0 0.0 0.0
13:10~ (10) 3.7 5% 200 10.5 10.5 10.5
13:20~ (10) 7.4 10% 200 21.0 21.0 21.0
13:30~ (10) 14.8 20% 200 42.0 42.0 42.0
13:40~ (10) 22.2 30% 200 63.0 63.0 63.0
1. 無負荷(空ふかし)運転点検をしていれば、非常時に負荷がかかっても十分に
電源供給が出来ると思っている。

2. 従来の実負荷試験は、実際にスプリンクラーや消火栓ポンプを起動させて行うので、
約2.5倍の負荷が一気にかかり、エンジントラブルの危険が有る為行わなかった。

3. 模擬負荷試験機による実負荷試験は、少しずつ負荷率を調整しながら、
安全に行える事は分かっていただ、費用が高いと思い行なっていなかった。
スプリンクラーや屋内消火栓を点検していても、
いざと云った非常時の機能点検にはなりません。

当社の負荷試験オペレーション

当社の負荷試験オペレーション
特徴
負荷試験機を軽量コンパクト・セパレート型にし、1人の作業員で発電機の近くまで搬入出来る為、ケーブルの布設時間も短縮出来、大幅に費用削減が出来る。
要求する 電力に対応できる!
100% の能力を発揮できる!
ヒートラン でクリーンナップ!
法令点検では実施されない、発電機の発電能力を検証する負荷試験。エンジンが始動できても、その性能を発揮できなければ何の意味もありません。発電機の性能を確認する唯一の方法である負荷試験を実施することで、いつでも確実に始動・100%性能を発揮する発電機へ、これが私たちの使命です。
災害時の危機管理のため、非常用発電機の定期点検と負荷試験の実施をお勧めします。

JLT組織構成図

カーボンを燃焼排出する
カーボンを燃焼排出する
負荷を少しずつかける
負荷を少しずつかける
【出力確認の測定】
①黒煙状態を見ながら、負荷を5% ~ 20%迄少しずつかけていく。
②負荷を30%迄上げて、30分間運転状態を見る。
③10%、20%、30%出力毎に、電圧、電流の測定を行う。
負荷試験機による負荷点検は、無停電で約1時間半程度の時間で簡単に30%出力確認の点検と測定データが作成出来ます (低圧300kw以下の場合)