バッテリー・蓄電池

バッテリーの寿命とメンテナンスの仕方

非常用発電機もバッテリー(蓄電池)を定期的に交換か修理する必要があります。車と同じで
バッテリーが上がるとエンジンが始動できなくなってしまいます。

非常用発電機は電力供給がなくても独自に発電できる機械ですが、始動時にはバッテリー
(蓄電池)にためた電力を使う必要があります。

蓄電池(バッテリー)には寿命があるので、定期的な交換かメンテナンスをする必要があります。万が一バッテリーが寿命でエンジン始動に必要な電力供給ができなくなると一切、非常用発電機は動かなくなります。
 

非常用発電機のバッテリー(蓄電池)の寿命
おおよその目安は5~7年が寿命です。
バッテリーのメーカーや使用頻度、気温や湿度などの環境によっても変わってきます。場合によっては3~4年で寿命を迎える事もあります。
非常時に全く作動しない、という事態にもなりかねません。



バッテリーのメンテナンス方法
もっとも安心できるのは新品のバッテリーに交換することです。

密閉式ではない場合、バッテリー液や部品の交換、専用機械を使用した充電をおこなって復活させることも可能です。ですが新品交換に比べて耐久性は劣るので、2~4年後に再度交換か修理をする必要が出てきます。

バッテリー交換は点検業者に依頼するのが得策

非常用発電機のバッテリー交換は、点検業者でも対応可能です。

バッテリー(蓄電池)は容量が同じであれば、違うメーカーのものを使用しても問題ありません。

メーカーだと純正バッテリーの用意しかありませんが、点検整備業者であれば、複数のメーカーのバッテリーを扱っているので選択肢が多いメリットもあります。

普段点検整備を依頼している業者に相談すれば費用も安くしっかりした対応をしてもらえます。